ランキング

最新記事30件


最新コメント30件

漫画


マイページ

ジャンル

RSS

検索


携帯版QRコード

※全機種に対応してるか分かりません

統計

総記事数:2497 件
総記者数:464 人
総コメント数:38,208 件

 

SF新刊案内_24日に待望の2冊が刊行!!



唐突ですが、今、日本のSF小説が大変面白くなっています.
ゼロ年代なんてくくりもありますが、いつか振り返って[素晴らしい作品がたくさん世に出た時代]だったと思われることは疑いようもありません。
それをリアルタイムで!普段はSFなんて読まないという方も、夏の読書ということで手にとってみてはいかがでしょうか?
(ネタバレにならないよう、という予防線でもって、まるで出版社か書店員のステマのような感じで書きたいと思ってます)


「天冥の標 6 宿怨 PART2」小川 一水(著)
年代記様のシリーズ。作者がこれまで発表した中で、最も大きな物語になっています。
役者は出揃った感じ、しかし物語はまだ先の読めない展開。どうなるのか、どうやったらああなるのか。この巻でわかるといいなと思ってます。
登場人物みんなのハッピーエンドを願って止まない、巨大な年代記。

全10巻完結を予定のシリーズの6.5巻。10巻予定ですが上下巻とPART1・2がはさまって、これで8冊になる、スケールに合った巨大なシリーズになっています。
第一巻で2800年の植民星から始まるんですから、そりゃあもうってなもんです。「もう8冊も出てんの?なんか手出しづらいわ……」って人も、
秋の読書の分までまとめていかがでしょうか。ついに折り返した、2000年台でおそらく最大のクロニクルに、今ならまだ追いつけます!
既刊分の年表と用語集があるので、ネタバレの嫌な人は6巻PART1の巻末は、決して立ち読みなどしませんように。
こちらは、既刊も含め、早川書房より文庫で発売。


屍者の帝国伊藤 計劃、 円城 塔(著)
舞台は、死者が、生者の暮らしの中に当たり前に存在する19世紀イギリス。
残された30頁、大変面白かったのです。遺稿や絶筆は、作家の遺体よりも、作家の肉体だと僕は思います。それが動く(刊行される)のは
この小説(まだ全貌は見えませんが)の中身に大きく食い込んでいるし、こういう「中にいると思ったら外にいた」みたいな感覚って円城塔的だとも思うのです。

2009年に34歳という若さで亡くなられた、伊藤 計劃。2007年にデビューし、作家としての活動期間はわずか2年あまり、という
氏ですが、長編[虐殺器官]で多くの読者を熱狂させました。
「もっと彼の作品が読みたい!」といくら願っても、残された長編作品は虐殺器官を含め3編のみ。
あまりに大きな才能のあまりに早すぎる死に、多くの読者が悲しみました。彼の死は、ある解説の言葉を一部借りると、
彼がこれから、その生涯で描くはずだった、私達が目にすることが出来るはずだった作品が、永遠に失われてしまった瞬間だったのです。
肺癌に命を奪われるまで、闘病生活の中で書かれた、第四長編の冒頭となる約30頁の原稿が、絶筆となりました。
失われてしまったはずの第四長編を、3年余の時間をかけて書き継いだのは、円城 塔。本年度の芥川賞受賞を「道化師の蝶」で受賞し、長編ではこの「屍者の帝国」が次作となります。 両氏は共にデビュー作が全く同じ経緯で刊行され、ディファレンス・エンジン「解説」で共作も行ったことのある、盟友と言える小説家です。
いくら待っても出ない、出るはずがない作品に、悔しい思いをしたことのある人は多いと思います。
イントロに食指の動いた方も、「ああ、あれ出るんだ!」ってなった方も、機会があれば是非手にとっていただきたいです。
こちらは、河出書房新社より単行本で発売。

*天冥の標6巻パート2は、早川オンライン(版元)では24日発売になっていますが、なぜかアマゾンでは23日になっています。一日早く手に入るのか。

「ジャケット貼って、それぞれの短編集も、紹介してお終いだなー」と思ってたんだけど、著作権とかわかんねーからあとは自分のブログでアマゾンのリンク貼って気持ちを満たすことにしたわ!!SFって面白いんだぜっていう記事書きたいからまた勉強してくるわ!!!でも次はうんこについて書くわ!!!

カテゴリ: レビュー
2012年08月21日 11時10分44秒 Posted by よしだきんぱち ( 5,124 PV ) 勢い:3


この記事の評価
よしだきんぱち 記者の過去記事
 SF新刊案内_24日に待望の2冊が刊行!!
2012年08月21日 11時10分44秒 | PV( 5125 ) | コメント( 10 )
もっと見る

コメント(リンクの記載「http://」は行えません)
1 名前:名無し@ガガリアン 2012/08/21(火)14:14:10. ID: 4f625755p
天冥の標、結構コンスタントに出てくるから助かるわぁ。
伊藤計劃の絶筆が出版されるってのは初めて聞いた。買っとこ買っとこ。
2 名前:名無し@ガガリアン 2012/08/21(火)15:39:50. ID: 3d63bb47p
小島監督も屍者の帝国について呟いてらっしゃいますね、この記事見なかったらさっぱりわからなかった・・・
3 名前:名無し@ガガリアン 2012/08/21(火)23:56:28. ID: 243f0474p
うんこに期待w
4 名前:名無し@ガガリアン 2012/08/22(水)08:51:37. ID: e4fe0377p
でも次はウンコ
5 名前:名無し@ガガリアン 2012/08/23(木)00:59:43. ID: ca864dadp
伊藤計劃のでるのか!ワクテカすぎる!
6 名前:名無し@ガガリアン 2012/08/24(金)21:55:16. ID: b478e319p
とりあえず字ちっさいわ
7 名前:名無し@ガガリアン 2012/08/28(火)21:10:16. ID: 6540091fp
天冥の標憩匹濟呂瓩
伊藤計劃さんの出てるのか、買わねば
8 名前:名無し@ガガリアン 2012/08/29(水)09:40:12. ID: 68c298bbp
読み終わったので、バチガルピのシップブレイカー、アンソロジーのFUTURE IS JAPANESEも合わせてレビューしたいところです。いつになるやら。
9 名前:名無し@ガガリアン 2012/08/30(木)09:28:24. ID: c36d938fp
ウンコマダー?