ランキング

最新記事30件


最新コメント30件

漫画


マイページ

ジャンル

RSS

検索


携帯版QRコード

※全機種に対応してるか分かりません

統計

総記事数:2497 件
総記者数:464 人
総コメント数:38,253 件

 

地上最強の男、大山倍達総裁に学ぶ恋愛論



《はっきり言っておきたい。読者諸君、武道家よ、奥さんは処女をもらいたまえ。オレの女房はオレのところに来たとき処女だった! このことを男としては誇りに思わなくてはいけない》
 何だこの処女厨!? と思った方もいるだろうか。しかし、これは世界最強の男、ゴッドハンドこと大山倍達総裁の御言葉である(『わがカラテ求道万日』講談社、1982、197ページ)。今年は大山総裁の没後20年という節目の年。私もこの追悼記事を以て、あまりにも偉大な総裁の遺徳を偲びたい。
 総裁は武道家でありながら膨大な量の著書を残しているが、その中から、今回は恋愛に関する金言にスポットを当てよう。今時の軟弱な恋愛至上主義に喝を入れる、本物の男の恋愛のしかたがそこにはあるのではなかろうか。押忍!
 なお冒頭の「奥さんは処女に限る」発言の後、総裁はさらにこうも言っている。

《私はこう考える。純粋なる処女をもらいたいと思ったら、やはり自分が純粋なる童貞を守らなければいけないと。権利を主張するものは、まず第一に義務を完璧に遂行しなくてはならないのと同じ理屈といえるだろう。》押忍! ぐうの音も出ない正論っス! 世の並み居る処女厨にこの文をルーズリーフ100枚分くらい写経させたいですね。

auto_sSplnk.jpg

 また総裁の処女厨への怒りは留まるところを知らず、『強く生きたい君へ―我が空手哲学』(光文社知恵の森文庫、2004、原著1976)では

《近年、フリーセックス談義が流行っている。私も若い弟子たちと、セックス論争をするが、若者はたいていフリーセックスに賛成であるという。そこで私はいつもこう聞くのだ。
「では君たちは結婚の相手が処女の方がいいのか、それとも、何人かの男と自由に恋を楽しんできた女がいいのか」
「やはり、処女の方がいいです」と若者も答える。
 セックスを自由にしたいために、フリーセックスを唱えるが、自分の妻にはそれを許さないというのは、まったくおかしいではないか。》
(197ページ)

とぶちまける。腕力だけで牛を殺せる男にここまで言われて、一体誰が処女厨でいようなどと思うだろうか。なお総裁は『世界ケンカ旅』を読む限り、世界中でさまざまな美女とセックスしまくっている

auto_W5wxSP.jpg

 大山倍達総裁の処女に対する見解はこれくらいにして、では恋愛観はどうなっているのか。これはもう「無骨&ピュア」というに尽きる。だからこそ世界最強になれたのだろうし、ビール瓶も手刀で切れたのだろう。

『極真カラテ21世紀への道』(徳間書店、1992)では《私は、「これは見込みあるな」と見た弟子に対しては「禁欲」を厳しく言い渡し、指導にあたることにしている。むろん、他の門下生に対しても「女性に溺れては空手に強くなれない」旨諭しているのだが、ただしこれは「肉欲」に溺れてはならないということであり、純粋な恋愛感情は人間を高めてくれるものであるということも、誤解のないようにつけ加える。》(207ページ)極真の強さの秘訣はその禁欲性にあったのだ(多分)。

 また、『青春をどこまでも熱く生きよ』(みき書房、1995、原著1983)では、《恋は男にとっても、大きな大きな勝負》という価値観が披瀝されており、

《生煮えの、どうでもいい恋なんか、すっ飛んでしまえと私は声を大にして言いたい。
 恋は熱ければ熱いほどよく、耐えれば耐えるほどよく、求め合うことが激しければ、激しいほどよい。
 激烈であることが恋の生命である。その激烈さにおいて、私たちは子どもをつくり、生命を伝えていかねばならないのだ。
 どうでもいい、だれでもいいで、すむことだろうか。》
(187ページ)

と、怒涛の愛をこそ至高とし、智弥子夫人との馴れ初めなどのノロケ話が延々と続く。妊娠した妻を残して千葉県で7年間山籠りする《狂気の沙汰》(総裁は自分でそう言っています)など、常人には絶対真似できないし、してもいけない行為だが、二人は幸せだったようである。

 しかし一頻りノロケ終わった後では《女はしばしば、自分の男を堕落させ、その男にあきてしまう。あきてしまうから、つっけんどんになり、男にグチばかりいうようになり、金を求めるようになる。最初の甘い蜜は、苦いいやみに変わってくる。》(204ページ)と、謎の恨み言を漏らすのだから(いや智弥子夫人への言葉ではないが)、総裁の酸いも甘いも噛み分けた人生観というものの一端を垣間見る思いである。押忍!

auto_kl6ziE.jpg

 こんな大山総裁には恋愛に関する若者の悩みも多く届いたようで、月刊「パワー空手」に連載された人生相談をまとめた『マス大山の正拳一撃』(市井社、1994)ではこのような埼玉県の青年からの相談が寄せられている。

《はじめまして大山総裁
 自分はいま恋をしています。でも、いまはやりの遊びづき合いのような真似は、したくありません。男が女を愛していく上で、何が一番必要なのでしょうか。簡単で結構ですから、お答え下さい。》


 この真実一路とも言うべき告白に、総裁は男らしくこう答えるのだ。

《君の考えは立派だ。遊びだけの恋愛はすべきではない。男が女を愛するのは自然の理で当り前だ。この宇宙を創った創造神が、そういうふうに人間を創ったんだから。
 ただ、現実には、男と女の愛情の問題は、非常にむずかしい。男は一人一人同じではないし、女も一人一人違う。
 君の年齢がいくつかわからないが、私がここで言えることは、愛によって自分を見失っちゃいけないということ。もうひとつは、男と女の愛情に限ったことではないが、なにごとも過剰はよくない。友情であれ、師への忠誠であれ、過剰はよくない。愛情についても、同じことが言える。ほどほどにということが、なにごとにおいても肝心だ。》


 総裁が仏教にも造詣が深かったのは多くの著書により指摘できるが(例:千手観音の攻守のバランスは最高などと説く『100万人の空手』)、どことなく愛着や執着を戒め、中道を尊ぶ仏教の教えが根幹にあるように思われる。

 不世出の天才、大山倍達総裁の、まさに正拳突きのように真っ直ぐな恋愛論は、ガガリアン諸兄にも参考になっただろうか。
 なお総裁は「空手バカ一代」のモデルになっているように本当に空手バカと言っていいのだろうが、空手をやっているわけでもない我々のようなボンクラが総裁の金言をストレートに実行しようとすると、ただのバカになるから気をつけるようにと付言して、擱筆とする。押忍!(文責:きしもとげん)

 なお本稿を書くにあたり活字秘宝ムック「この本は怪しい!!」(洋泉社)に多大な影響を受けた。同ムックに総裁の本が多数紹介されていたことで、
中学生の頃に私も総裁の本を読んだ。17年も前のムックだが今改めて感謝をしておきたい。無論、大山倍達総裁にも。

カテゴリ: スポーツ
2014年03月23日 00時41分06秒 Posted by きしもとげん ( 11,671 PV ) 勢い:6


この記事の評価
きしもとげん 記者の過去記事
 【ショック】創価学会がケモナーに媚を売っていた【王仏冥合】
2010年11月20日 01時33分09秒 | PV( 18258 ) | コメント( 39 )
 こくろうラーメンを食べてみた(長文注意)
2011年07月02日 00時10分45秒 | PV( 28034 ) | コメント( 24 )
 マンガで在日朝鮮人はどう描かれてきたか(上)
2011年09月17日 21時17分02秒 | PV( 51859 ) | コメント( 68 )
 マンガで在日朝鮮人はどう描かれてきたか(下)
2011年09月17日 21時22分24秒 | PV( 44628 ) | コメント( 28 )
 エヴァンゲリオン×美少女写真展を観に行ってきたよ
2012年08月01日 23時15分05秒 | PV( 8542 ) | コメント( 8 )
もっと見る

コメント(リンクの記載「http://」は行えません)
1 名前:名無し@ガガリアン 2014/03/23(日)06:37:20. ID: b5f5422dp
でも、マス大山は在日なんだけどなw
2 名前:名無し@ガガリアン 2014/03/24(月)11:34:50. ID: 816cbe47p
ええはなしや
3 名前:名無し@ガガリアン 2014/04/23(水)18:19:22. ID: b33e7d49p
コイツ、韓国にも奥さんいたらしいじゃん。
ただの重婚犯罪者。
4 名前:名無し@ガガリアン 2014/05/14(水)03:31:15. ID: 40996fa4p
地上最強の強姦魔w
5 名前:名無し@ガガリアン 2014/05/19(月)17:24:51. ID: ce5124b5p
人気漫画「レイプマン」のモデルは
他でもない大山倍達である!