ランキング

最新記事30件


最新コメント30件

漫画


マイページ

ジャンル

RSS

検索


携帯版QRコード

※全機種に対応してるか分かりません

統計

総記事数:2511 件
総記者数:463 人
総コメント数:38,163 件

 

中東と欧米の歴史を俺なりにまとめてみた 3 イスラム帝国の野望



前回(中東の歴史を俺なりにまとめてみた 2)
の尻切れトンボになってしまった部分の続きから。

トップ画像は画像フォルダから適当に貼っただけなので意味はありません。
ありませんってば。

中東と欧米の歴史を俺なりにまとめてみた 1 メソポタミアからハドリア○ス帝
中東と欧米の歴史を俺なりにまとめてみた 2 イスラム教 爆誕


前回はイスラム帝国が建国されたところまでいきました。
ちょっと今回は歴史の本筋と離れる補足などを。


ムハンマドは敵対する部族などを倒すたびに、討ち取った敵ボスの妻、つまり未亡人を自分の妻としてめとった。
これは「男手を失った未亡人が生活に困窮するのを防ぐため」という名目だったのだが
12人目の妻をめとった時に都合よく神の啓示が下り「これからは妻は4人までネ」と言い出す。
その理由としては「迎え入れた女性に対し平等に接するため」……
チ○ポは1本だからね、仕方ないね。

なおムハンマドの妻のうち最年少は9歳(後述のアブーバクルの娘・アーイシャ)。
「(IV イメージクリエーター)アーイシャちゃん9歳(アナルの皺丸見え)」

とか

「(PTHC)A'isha(9yo)」

とか書いた方がしっくりくるシチュエーションである。


ムハンマドの死後、イスラム教徒による投票で初代正統カリフ、アブー・バクルが継承する。
しかし、アブー・バクルと対立したウマイヤ家が「ウマイヤ朝」を創始する。

ウマイヤ朝は4代目正統カリフとして即位していたアリーと対立。アリーが暗殺されたことでウマイヤ朝の権威が確定する。
  ⇒「預言者ムハンマドの従兄であり養子であり娘婿であるアリーとその子孫こそが唯一正当な指導者である」とするシーア派
   「アブー・バクルをはじめとする4人のカリフを正統な預言者代理人として認める」とするスンナ派(スンニ派)に分裂するきっかけとなった。


なおスンナ派(スンニ派)シーア派について、ついでに解説しておく。
もともと2つの派閥に分かれていたわけではなく、「正統カリフを認める」が主流の考え方だったのに対し
「アリーの一族だけが正しい指導者だ!」という考え方をする一派が現れ、彼らは「アリー派」と呼ばれた。

これをアラビア語でいうと「シーア アリー(アリー派)」となる。
やがて「シーアの奴らがさぁ〜w」みたいな感じで略され、定冠詞をつけて「アッ シーア(THE 派閥)」と呼ばれ
最終的に「シーア(一派)」と呼ばれるようになった。
「ククク……貴様も""組織""の人間か……」みたいな感じだ。違うか。違ったわ。

なので日本で「シーア派」と記載するのは「派派」となってしまうが
英語で法隆寺を「Houryuji-temple」と呼ぶようなものなので、あまり気にしてはいけない。
君は「ネビュラ星雲」を? こりゃコトだ! コーヒーをたてにゃ。


それに対し、主流派の人たちは「俺たちはムハンマドの時代から伝わる慣習(スンナ)に従うもんね〜w」ということで
スンナ派、もしくは「スンナに従う人=スンニー」でスンニ派と呼ばれる。
イスラム教内ではスンナ派が現在最大勢力であり、主流派である。


・このころユダヤ人は?


地中海沿岸を中心に、ヨーロッパ各地に定着し始めていた。
当然イスラム帝国の地盤であるバルカン半島にも多数入り込んでいた。
既に定着している文化圏にこっそり入り込んでひっそり地盤を固めるのはもはやユダヤ人の趣味と言っても過言ではない。

イスラム教の基本教義には「神の前の平等」があったが、預言者ムハンマド自身が
「異教徒をバルカン半島から追放しろ」という身も蓋もない遺言を遺していたため、主に税制面や
土地をもつ権利などにおいて、アラブ系ムスリムとそれ以外の間には明らかな差別があった。

さらにアラブ系部族同士での権力争いや、民衆の不満などがつのったことで徐々に勢力が衰えていく。
その上、この差別的な税金を収入のアテにしていたのだが、ムスリムに改宗することで税金が軽くなることを
狙った異教徒が多数改宗し、都市に入り込んで商売などを初めてしまったからたまらない。
当然その中にはユダヤ人の姿も多く見受けられる。もしかしたら意図的にケンカ売ってたのかもしれない。
あいつらのやりそうなことだ。

ドバドバ入り込んできた非アラブ人、非イスラム教徒によって、ただでさえ民衆の求心力を失っていた
イスラム帝国は財政面でも急速に力を失っていくことになる。

異教徒・異民族が大量に流入することで政治が混乱する……立場は逆だけど今のヨーロッパみたいですね(小声)



かなり長くなってきましたので、今回はこのあたりまで。
存分に「東方正帝 ガレリウス」のの響きのかっこよさが皆さんに伝わったと思います。



何度も言いますが私は専門家ではないどころかただの素人のアホなので細かい部分に間違いがあったらごめんなさい。


カテゴリ: 歴史
2015年09月24日 15時47分11秒 Posted by もつなべさん ( 7,681 PV ) 勢い:10


この記事の評価
もつなべさん 記者の過去記事
 NTTドコモ×大日本印刷 電子出版ビジネスで提携
2010年08月05日 18時58分14秒 | PV( 2883 ) | コメント( 1 )
 初心者のための「エスニック・ジョーク」の世界
2010年08月06日 14時28分14秒 | PV( 10359 ) | コメント( 8 )
 歴史初心者のための「伊達政宗」 〜少年期編〜
2010年08月09日 23時27分35秒 | PV( 5071 ) | コメント( 17 )
 歴史初心者のための「伊達政宗」 〜青年期編〜
2010年08月10日 20時54分00秒 | PV( 4152 ) | コメント( 12 )
 歴史初心者のための「伊達政宗」〜壮年期・晩年期編〜
2010年08月11日 23時28分14秒 | PV( 5962 ) | コメント( 12 )
もっと見る

コメント(リンクの記載「http://」は行えません)