ランキング

最新記事30件


最新コメント30件

漫画


マイページ

ジャンル

RSS

検索


携帯版QRコード

※全機種に対応してるか分かりません

統計

総記事数:2493 件
総記者数:463 人
総コメント数:38,255 件

 

「それっぽい写真」を撮影する上でのポイント



思い切ってデジカメを買った。だが思うような写真が撮れない……
そんな経験をしたことがある人は多いのではないだろうか。そこで今回ガガジン記者はプロキャメラマンであるクウソー・ノ・サンブツ氏にどうやったら「それっぽい写真」が撮れるのかをききにいってみた。
詳細は以下。

「フラッシュは絶対に使用してはならない」

サンブツ氏によると、フラッシュをたく事によって光と影が自然光よりも強調されて写ってしまうそうだ。さらに、ある一点から照射された光をカメラが写すことになるので、普段我々が目にするような室内ライト、窓からの光、モニタの光等が複雑にからみあった光景とは差異が出てしまうとのこと。よってフラッシュを使用した写真を見たとき、我々の脳はその光景を普段とは違う物と感じ、結果的に違和感のある妙な写真に見えてしまうのだ。
「もちろん意図的にそういう写真を撮るプロは存在する。しかしこういった手法は普通、写真に不気味さや怪しさを出したい時に使うんだ」
もともとフラッシュというのは光の感度が低いフィルムを使っていた時代に使われた苦肉の策であって、決して写真をより良くするための装置ではない。現代において気軽にフラッシュを使ってしまえば、まるで夜中に懐中電灯で照らしたような不気味な画像が写ってしまうことになるだろう。しかしサンブツ氏はこう続ける。「室内での撮影というのは、基本的にどんなに明るい日中に行っても光量が足りないものだ」。では一体どうしたらいいのだろうか。

「シャッタースピードを調節する」

シャッタースピードとは、『フィルムとレンズの間にあるシャッターを何秒間開放するか』を表す言葉。「パシャ」とか「カシャ」などと表される写真撮影の音は、フィルムの前のシャッターを開く音で、その瞬間に一瞬だけ開いたシャッターから外界の光を取り込んでフィルムに焼き付けているのだそうだ。一般的にシャッターが開かれる時間は、1/60秒から1/1000秒で、かなり短い時間で得られる光を焼き付けている事になる。室内などの暗い空間で撮影したい場合、このシャッターが開放される時間をできるだけ伸ばしてやればいい。
「シャッターを長時間ひらきすぎると光が多すぎて真っ白になる。逆に短いと光が少なくて暗くなる。思い通りの写真を撮るにはかなりの経験と根気が必要なんだよ」
室内撮影では撮影用のライトやレフ板があればこんな苦労をすることはないが、ごくまれにしか写真を撮らない普通の人間がそれらを揃えるのはかなり厳しい。このシャッタースピードを調節する方法をマスターし、ぜひ活用してみたいものだ。ちなみにシャッタースピードの調整はキャメラのマニュアルに必ず載っているだろうから、興味のある人は早速試してみてはいかがだろうか。
しかし、シャッタースピードを下げ開放時間を長くする弊害もあるらしい。「シャッターを長時間あけると、あけている間に撮影対象が動けば動いた軌跡が全部写ってしまう。分かりやすいのが星空の円運動を撮影した写真だね」とサンブツ氏。言われれば誰でも思いつく星が円を描いている写真、あれはシャッターを長時間開放して、星の軌跡を全てフィルムに焼き付けた写真なのだ。仮に人が走っているところを撮影すれば人が残像を伴って焼き付けられる事になる。それはそれで面白そうだが、「ブレというのは写真を撮影するときに排除しなければならない最も基本的なハードル」とサンブツ氏は語る。確かにせっかく写真をとっても肝心の部分がピンぼけでは何がなにやらわからない。
シャッター開放時間を伸ばせば伸ばすほどちょっとしたブレが強烈に反映されてしまう。次の点に特に気をつけよう。まず撮影対象が動かない事。次にキャメラが動かない事(つまり手ブレは厳禁)。この二つさえ守られれば、暗い空間でもフラッシュを使用せずに美しい写真を撮影することが出来る。

「撮影対象に一歩近づく」

「実はコレが一番難しい。写真の真髄と言っても過言ではないかもね」サンブツ氏はこう言うが、一体どういう意味なのだろうか。「大抵の素人は何でもかんでも一枚の写真に収めようとして、かなり引き気味から被写体をとる」氏が言うには、何をどの距離からどの角度で撮るか、その判断が素人には一番難しいというのだ。確かにそう言われても何が悪いのか、どう撮ればいいのか皆目見当もつかない。これは一つには、我々素人は「写真に◯◯が写っている」という情報は瞬時に理解することができるが、写真を一枚の絵として見て物の配置の美しさ、構図の妙などを感じる事は極めて難しいという理由があるらしい。
「つまりは写真というのも一つの絵画なんだ。素人が日本画の美しさを容易に判断できないように、写真の美しさを掴むのは簡単ではないんだよ」
そんな事を言われては身も蓋もないが、では我々素人はまず何から気をつけるべきなのか。それが冒頭の「撮影対象に一歩近づく」だ。ここだ、と思ったところからさらに一歩近づいて撮影する。サンブツ氏によると、どうやらこれが最初の一歩らしい。もう一つ付け加えるならば、寝そべって撮ること。寝そべるというのは一つの例だが、我々はほぼ突っ立ったままで写真を撮るのは事実だ。それは道に転がるのが嫌だからだし、しゃがみ込んだり木に登って撮影するなどは最初から想像の範疇にない。つまりは結果的にたった一つのポジションから対象を撮影する状況に陥りやすい現実があり、寝そべるというのはこの状況を打破しろという事だろう。
さて、長くなったがいかがだったろうか。恐らく最後まで読んでる人はいないだろう。この記事によって良い写真が撮れたという報告があれば感無量である。

カテゴリ: アート
2010年08月07日 14時29分53秒 Posted by ああ七尾城 ( 3,927 PV ) 勢い:2


この記事の評価
ああ七尾城 記者の過去記事
 「それっぽい写真」を撮影する上でのポイント
2010年08月07日 14時29分53秒 | PV( 3928 ) | コメント( 10 )
 自慰時に射精を我慢する4つの方法
2010年08月13日 09時03分04秒 | PV( 84683 ) | コメント( 6 )
 イチロー◯打数●安打の活躍!※なおマ……をグラフィカルに見る試み
2010年10月02日 19時16分22秒 | PV( 6594 ) | コメント( 12 )
もっと見る

コメント(リンクの記載「http://」は行えません)
1 名前:名無し@ガガリアン 2010/08/07(土)14:34:15. ID: kIZ.07zep
ためになる
2 名前:名無し@ガガリアン 2010/08/07(土)14:42:44. ID: k0TI0785p
寝てる撮影対象を取るのに同じ姿勢になってるのはそのためだったのか。
いままで変態だとおもってたわ
3 名前:名無し@ガガリアン 2010/08/07(土)14:46:51. ID: RvIE07kGp
デジタル一眼初めて使った第一印象は
「何でディスプレイついてんのにファインダー覗かなきゃならんのだ!キー」
だったな
4 名前:名無し@ガガリアン 2010/08/07(土)14:58:34. ID: vRv.070gp
良いねこの記事

シャッタースピードを長くすれば暗いところでも明るく取れるってのは初耳だった
5 名前:名無し@ガガリアン 2010/08/07(土)15:00:56. ID: 7C4k07Y1p
ブックマークしたわ。カメラ持ってないけど
つか欲しくなってきたwww
6 名前:名無し@ガガリアン 2010/08/07(土)15:06:47. ID: znHg07/yp
手ぶれが起きないようにスタンド使うことを書いておいたらいいよ。
安いんだし
7 名前:名無し@ガガリアン 2010/08/07(土)18:08:58. ID: MZ1A07Q0p
・脇を締める
・決して腕を伸ばさない。顔にできるだけ近づける。
・AFのカメラなら半押しを長めに(3秒くらい)してから押し切る
8 名前:名無し@ガガリアン 2010/08/07(土)19:09:21. ID: GiXQ07rjp
長時間ノイズというのがあってだな
9 名前:名無し@ガガリアン 2010/08/08(日)14:30:44. ID: 6yGk08sDp
寝そべって撮るなんていやらしい・・・
10 名前:名無し@ガガリアン 2010/08/08(日)14:43:24. ID: aJJ608Atp
シャッターを押すときにブレるならタイマーを使うと良いと聞いた(2秒とか短いやつ)