ランキング

最新記事30件


最新コメント30件

漫画


マイページ

ジャンル

RSS

検索


携帯版QRコード

※全機種に対応してるか分かりません

統計

総記事数:2497 件
総記者数:464 人
総コメント数:38,253 件

 

さんまもダウン



醤油事
サンマ、大幅な不漁か 推定資源量は4割減 県内も高値
 「秋の味覚」の代表格に早くも高値懸念? 今年のサンマ漁が例年にない不漁に陥る可能性が高まっている。
水産庁が3日発表した2010年の北西太平洋サンマの推定資源量は、221万トンと昨年の351万トンから4割近く減少した。
7月8日に北海道東部沖で始まった流し網漁も、漁獲量が昨年に比べ約4分の1と激減。県内でも卸値が上がっている。
 農林水産省の統計ではサンマの漁獲量は08、09年と年間30万トンを超える豊漁が続き、食卓では手ごろな価格でサンマを楽しむことができた。
だが、資源量などからみて、今年の漁獲量は大幅減が予想される。
 10トン未満の小型漁船が所属する「道東小型さんま漁業協議会」によると、7月8日の流し網漁解禁後、同月末までに釧路など北海道東部の4漁港に水揚げされた量は421トン。
昨年の同時期の1726トンに比べ約4分の1で、協議会は「ここまで落ち込んだ記憶はない」という。
 水産庁は、資源量が減った原因は「不明」としているが、水産関係者からは猛暑など異常気象に関係があるという声も出ている。
同庁は「サンマの分布も例年より東寄り。サンマ船が操業する海域を避けて南へ回遊する可能性もある」と指摘する。
 水揚げの減少は県内市場にも影響している。丸水長野県水(長野市)によると、昨年同時期の新サンマは1匹160〜180グラム程度だったが、今年は130〜150グラム程度と小ぶり。
1匹当たりの卸値は昨年同時期より2割ほど高く、同社水産事業部は「数が少なく小さい。近年になく出足が悪い」。マルイチ産商(同)も1キロ当たりの卸値が2倍以上になっているという。
 長野市中御所のスーパーでは3日、新サンマが2匹で680円と「例年の倍くらいの値段」(担当者)。
同市東和田の鮮魚店は4日連続で新サンマの入荷が止まり、3日も品切れ状態。店長は「客や取引先から『ないんですか』と尋ねられることが多い」と嘆いていた。

ソース元: http://www.shinmai.co.jp/news/20100804/KT100803FTI090010000022.htm
カテゴリ: 生き物
2010年08月04日 22時58分51秒 Posted by 記者ID:861 ( 1,746 PV ) 勢い:1


この記事の評価
記者ID:861 記者の過去記事
 さんまもダウン
2010年08月04日 22時58分51秒 | PV( 1747 ) | コメント( 0 )
もっと見る

コメント(リンクの記載「http://」は行えません)