ガガリアンになりませんか? → ログイン
街灯
街灯 の検索結果 11 件表示 (0.015秒) [ マイリスト ] 
全部  前100  次100  最新50 
タグ:  【編集】

  街灯 とは?   (マイリスト:0件 | View:回) [ 開閉 ]


1: 名前:名無しさん@ガグレカス :2010/08/11(水)23:31:29.22 ID: LzWYY5osm GP:0
暗い道にぽつりとある街灯は怖い



2: 名前:名無しさん@ガグレカス :2010/08/12(木)00:26:47.27 ID: SsHgjkXom GP:0
>1を恐がらせてやろう

フヒヒ
都市伝説

1.なんじゃろジジイ

夜道を歩いていると高速で追いかけてきて、目玉を大
きく開けて「なんじゃろ」とつぶやく

2.赤マント、青マント

赤マントは「赤と青どっちが良い?」と聞いて青と答
えると殺される

青マントは「赤と青どっちが良い?」と聞いて赤と答
えると殺される

3.逆さ女

自分の真上から長い黒髪が降ってくる
質問に答えても答えなくても体を真っ二つにされる



3: 名前:名無しさん@ガグレカス :2010/08/12(木)00:28:18.63 ID: 56wPON1Mm GP:0
正直街灯に照らされたGの大群が一番怖かった



4: 名前:名無しさん@ガグレカス :2010/08/12(木)01:21:04.20 ID: zq2GHGf2m GP:0
正直暗闇からの大声を実際に体験しちゃったらそんなよくある話なんか怖くはない



5: 名前:名無しさん@ガグレカス :2010/08/12(木)01:34:57.17 ID: SsHgjkXom GP:0
なにぃ〜、じゃあ、専門学校であった超怖い話をして
やる!ビビってちびるなよ



6: 名前:名無しさん@ガグレカス :2010/08/12(木)07:44:39.20 ID: zq2GHGf2m GP:0
よーし続けろ



7: 名前:名無しさん@ガグレカス :2010/08/12(木)10:58:50.46 ID: SsHgjkXom GP:0
【登山】

夏休みに5人の学生が登山 することになった。周りを
見ると五十才のおじいさん達もいるから、学生たちは
すっかり安心していた。上機嫌になった学生たちは次
々と他のグループを追い抜かして山頂を目指した。と
ころが霧が出てきて、霧の向こうから一番最初に追い
抜かしたおじいさん達が見えたんだ。「先ほど追い抜
いたはずのグループを、自分たちは何度も追い抜いて
るのでは?」と学生達は思いおじいさんたちに話しか
けてみた。話しかけたのは峰崎という学生だったが、
他の4人が驚いた顔で峰崎を見ている。彼が自分の顔
をさわってみるとしわくちゃの老人になっていた。

老衰の峰崎を下山させるため引き返そうとしたら、

今度はおじいさん達が話しかけてきた。しきりに崖下
を指さすので目をこらしてみると、そこには転落した
らしい人間の姿があり、学生たちはおじいさんの仲間
が落ちたものだと思い、近くまで寄ってみた。でも 
その死体の顔は峰崎たち学生自身だった。彼らは霧に
まかれて転落していたのだ。そして魂だけで登山して
いたのだった。



8: 名前:名無しさん@ガグレカス :2010/08/12(木)12:57:22.29 ID: zq2GHGf2m GP:0
うーん。。。
イマイチこういう話にはゾクッとこないんだよな。。。



9: 名前:名無しさん@ガグレカス :2010/08/12(木)22:23:44.88 ID: SsHgjkXom GP:0
その学校にはこんな噂があった。それは、夜の見回り
も終わった真夜中、学校内を歩き回る足音がするとい
うものだった。夜の学校に何かいるのか!?

先生に学校を調べるよう言われた守衛は、深夜見回り
することになった。
そこで彼は、足音を耳にする。

それは前や後ろから聞こえてくるのだった。

足の幽霊は守衛に乗り移り、守衛を無理やり歩かせる
。手すりをつかんでも構わず進む下半身の行き先は、
屋上。このままでは転落してしまう・・・!

守衛が落とされそうになっているとき、先生が現れ持
ってきた荷物を守衛へ投げた。

それはボルドー色の地に、黒いリボンのお洒落なパン
プスだった。

足の幽霊は満足げに消えていき、助かった守衛は先生
から事のあらましを聞いた。

昔、外国人と恋をした学生の女の子が紅いパンプスを
はいていたという。しかし外国人は学校を出ていった
ので、女の子は悲観的になって屋上から飛び降りたと
いう。それ以来、女の子の足だけが学校を彷徨うのだ
と。



10: 名前:名無しさん@ガグレカス :2010/08/12(木)22:33:32.91 ID: 56wPON1Mm GP:0
後日私がその学校を訪れると例の足がやってきた
私は驚いた
これこそが私の40年間追い求めた足
まごうことなき美脚であった
肉体の呪縛から解き放たれたその透けるような肌はなめらか
遺恨晴れることなく歩き続けたその脚はしなやか
まさに美しいとしかいいようのない美の結晶であった
私は直ぐさま飛びつきくまなく舐めた
指の間に舌をこすりつける度、足はびくっと心地よい反応をみせる
「生娘め…」私は汚れを知らぬその足に固くなった陰茎を



11: 名前:名無しさん@ガグレカス :2010/08/12(木)22:59:17.85 ID: 6oQY12cSp GP:0
まぁ。。。怖い話わ〜どでやらね?





全部  前100  次100  最新50 

 
 
管理人セレクション

実録俺日記

漏れ復活wwww






要望4  | 使い方  | ランキング  | サイト設定  | サイト情報  | お問い合わせ  | GAGAZINE 

©2008-2019 Gaagle