ガガリアンになりませんか? → ログイン
東公の嶋渡
東公の嶋渡 の検索結果 1 件表示 (0.008秒) [ マイリスト ] 
全部  前100  次100  最新50 
タグ:  安東政權 【編集】

  東公の嶋渡 とは?  2009/07/29 17:02:09 (マイリスト:0件 | View:127回) [ 開閉 ]
東公之嶋渡

天文十九年六月二十三日
河北郡桧山の屋形尋季(安東尋季)の嫡男安東太舜季(安東舜季)朝臣此國を見んと慾し渡來し給ふ。之を東公の嶋渡と謂ふなり。
勢田内の波志多犬(ハシタイン)を召寄せ上之國天河の郡内に居へ置きて西夷の尹と爲し
亦志利内の知蒋多犬(チコモタイン)を以て東夷の尹と爲し夷狄の商舶往還の法度を定む。
故に諸國より來れる商賈をして年俸を出さしめ其内を配分して兩酋長に賚ふ。之を夷役と謂ふ。
而る後西より来る狄の商舶は必す天河の沖にて帆を下げ休んて一礼を爲して往還し東より來る夷の商船は必す志利内の沖にて帆を下げ休んて一礼を爲して往還する事、
偏に季廣朝臣(蠣崎季廣)を慫せしむる處なり。


1: 名前:名無しさん@ガグレカス :2009/07/04(土)12:01:21.89 ID: AJV34qW6m GP:0
戦国時代の出来事。東公の島渡とも。
出羽秋田に本拠を置く蝦夷管領安東舜季が1549〜1550年頃に蝦夷地を訪問した。

アイヌ人と日本人は常に争ってきたという歴史観が根付きがちだが、
安東舜季は蝦夷地を視察しするとアイヌ人との停戦を主導し、それを実現した。
酋長のチコモタインハシタイン上國守護蠣崎氏を招集すると、長きに亘る争いを終わらせるための講和会談を進めた。
この平和はシャクシャインの世代に到るまでおよそ100年続く。




全部  前100  次100  最新50 

 
 
管理人セレクション

実録俺日記

漏れ復活wwww






要望4  | 使い方  | ランキング  | サイト設定  | サイト情報  | お問い合わせ  | GAGAZINE 

©2008-2020 Gaagle