ガガリアンになりませんか? → ログイン
excite翻訳
excite翻訳 の検索結果 9 件表示 (0.028秒) [ マイリスト ] 
全部  前100  次100  最新50 
タグ:  ウェブサービス 【編集】

  excite翻訳 とは?   (マイリスト:0件 | View:187回) [ 開閉 ]


大先生に問い合わせ中...
1: 名前:名無しさん@ガグレカス :2008/08/18(月)20:29:12. ID: l7HEuCYQp GP:0
怖い話を韓国語で翻訳すると面白かった





2: 名前:今日のご飯は【米】 :2008/08/29(金)20:43:54. ID: S7OZV9pYp GP:0
911 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/09(水) 16:56

会社帰りのバスでの出来事。 
私は乗車中にウォークマンを聴いているとそのまま寝てしまい、降車するバス停を 
乗り過ごしてしまうことがたまにある。 
その日も起きているつもりが、いつの間にか寝てしまった。しかし唐突に、まるで 
人に起こされるかのようにガバッっととび起きた。金縛り状態から無理矢理脱出す 
るようなあの感じ。瞬間我に返り、あ!また乗り過ごしたか?って思ったら、幸い 
まだ降りるバス停の2つ手前だった。次のバス停では、けっこう人が降りていく。 
俺はその背中をボンヤリ眺めながら、ああ次降りなきゃって眠いのを我慢していた。 
バスが走り出した途端、真後ろの席で女性(声の様子で)が喋りだした。 


911 名前: あなたの後にアノニムが・・・ 投稿である: 2001/05/09(水) 16:56

帰途のバスへの事件.
私は乗車中にウォークマンを聞いていればそのまま寝てしまって, 下車するバス停を
下ることがしてしまう事ができないのが時々ある.
その日も起きているつもりが, いつの間にやら寝てしまった.しかし不適に, まるで
人のため起きることガッイがバックワむっくり起きた.お金で縛ること状態からむりやりに脱出
同じその感じ.スンガンナに帰って, あ!また下ることができなかったの?と思えば, 幸いに
まだ下るバス停の 2ゲアブだった.次のバス停では, かなり人が下がる.
私はそのなどを呆然と眺めながら, 次降りアンウミョンは眠いことを我慢していた.
バスが走り始めた瞬間, すぐ後の席で女性(音の姿で)がチォブネッダ.
「・・そして・・・頼み・・ところが・・そして・・・ところが・・頼みますね・・ところが・」
携帯電話か・・と思った.私は携帯電話の数に聞こえるのが残ることが好きではない.
ただ出て暮している所は東京の田舍だから, バス停からいっそうもっと遠い人は, 下って
バス停が近くなれば携帯電話で家に出迎えの要請をすることが多い.
次が降りるバス停だから, 私は下車ブザーが泣くことを待った.いつも下車ブザーを
自ら押さない質だ.ところが誰も下らないようで, 非常にブザーが泣くの
ある.後の女性は変わることなしに言っている.音のトンはより一層下って何のものを言って
イッウルカは分からない.私はちょっとかっとしていた.
仕方ないから自ら下車ブザーを押させようと手を伸ばしたその瞬間, 明らかに
「お前に」と言って音が止んだ・・・・.
うん?(これ)と思われた帰れば, 乗客は私だけだった




3: 名前:今日のご飯は【そうめん】 :2008/08/29(金)20:45:00. ID: S7OZV9pYp GP:0
訂正


会社帰りのバスでの出来事。 
私は乗車中にウォークマンを聴いているとそのまま寝てしまい、降車するバス停を 
乗り過ごしてしまうことがたまにある。 
その日も起きているつもりが、いつの間にか寝てしまった。しかし唐突に、まるで 
人に起こされるかのようにガバッっととび起きた。金縛り状態から無理矢理脱出す 
るようなあの感じ。瞬間我に返り、あ!また乗り過ごしたか?って思ったら、幸い 
まだ降りるバス停の2つ手前だった。次のバス停では、けっこう人が降りていく。 
俺はその背中をボンヤリ眺めながら、ああ次降りなきゃって眠いのを我慢していた。 
バスが走り出した途端、真後ろの席で女性(声の様子で)が喋りだした。 
「・・で・・・おねがい・・ね・・でね・・・ね・・おねがいしますね・・ね・」 
携帯か・・って思った。私は携帯のお喋りがきこえるのが余り好きではない。 
ただ俺の住んでいるところは東京の田舎だから、バス停からさらに遠い人は、降り 
るバス停が近づくと携帯で家に迎えの要請をすることが多い。 
次が降りるバス停だから、私は降車ブザーが鳴るのを待った。いつも降車ブザーを 
自分で押さないタチなのだ。でも誰も降りないらしく、いっこうにブザーが鳴らな 
い。後ろの女性は相変わらず喋っている。声のトーンはますます下がり何を言って 
いるかはわからない。俺は少しだけムッとしていた。 
仕方がないので自分で降車ブザーを押そうと手を伸ばしたその瞬間、ハッキリと 
「お前にだよ」と言って声が止んだ・・・・。 
ん?と思って振返ると、乗客は私だけだった


911 名前: あなたの後にアノニムが・・・ 投稿である: 2001/05/09(水) 16:56

帰途のバスへの事件.
私は乗車中にウォークマンを聞いていればそのまま寝てしまって, 下車するバス停を
下ることがしてしまう事ができないのが時々ある.
その日も起きているつもりが, いつの間にやら寝てしまった.しかし不適に, まるで
人のため起きることガッイがバックワむっくり起きた.お金で縛ること状態からむりやりに脱出
同じその感じ.スンガンナに帰って, あ!また下ることができなかったの?と思えば, 幸いに
まだ下るバス停の 2ゲアブだった.次のバス停では, かなり人が下がる.
私はそのなどを呆然と眺めながら, 次降りアンウミョンは眠いことを我慢していた.
バスが走り始めた瞬間, すぐ後の席で女性(音の姿で)がチォブネッダ.
「・・そして・・・頼み・・ところが・・そして・・・ところが・・頼みますね・・ところが・」
携帯電話か・・と思った.私は携帯電話の数に聞こえるのが残ることが好きではない.
ただ出て暮している所は東京の田舍だから, バス停からいっそうもっと遠い人は, 下って
バス停が近くなれば携帯電話で家に出迎えの要請をすることが多い.
次が降りるバス停だから, 私は下車ブザーが泣くことを待った.いつも下車ブザーを
自ら押さない質だ.ところが誰も下らないようで, 非常にブザーが泣くの
ある.後の女性は変わることなしに言っている.音のトンはより一層下って何のものを言って
イッウルカは分からない.私はちょっとかっとしていた.
仕方ないから自ら下車ブザーを押させようと手を伸ばしたその瞬間, 明らかに
「お前に」と言って音が止んだ・・・・.
うん?(これ)と思われた帰れば, 乗客は私だけだった




4: 名前:今日のご飯は【うまい棒】 :2008/08/29(金)21:04:42. ID: S7OZV9pYp GP:0
翻訳前

547 名前:ネコメン@続き 投稿日:2001/06/17(日) 23:24 
弟が中学生のころに同い年のSと一つ上のT先輩に連れられて肝試しに行った。 
バイク仲間の間で有名なスポットで、「しのうかさん」という場所(?)らしい。伊野町の方だそうです。で、夜中3人でそこへ行くと、寂れた民家があって有刺鉄線が巻かれキケンとかかかれた看板がある。 
中に入ると電気も通ってないので懐中電灯をつけて居間っぽい畳敷きの部屋に座りこんだ。T先輩だけ一度来たことがあって弟とSは何があるのかも知らなかった。で、T先輩曰くここで「しのうかさん」という怪談を「作る」と不思議なことが起こるという。つまり「しのうかさん」自体に正体はないらしい。 
まず弟が思いつくままにこんな話をした「昔この家の息子と近所の家の娘が恋に落ちたけれど、両方の家族から反対され思い悩んでいた。ある日娘が深刻な顔をして『ねえ、死のうか。一緒に死のう』と言った。男の方は女の情念が怖くなり家を捨てて逃げた。女はこの家のこの部屋で首を吊った」 


549 名前:ネコメン@続き 投稿日:2001/06/17(日) 23:29 
これを聞くと、今までビクビクしている弟たちをからかうようにリードしていたT先輩が真っ青になって震え始めた。 
続いてSが話しはじめた「昔この家の息子と近所の家の娘が恋に落ちたけれど、両方の家族から反対され思い悩んでいた。ある日娘が深刻な顔をして『ねえ、死のうか。一緒に死のう』と・・・」 
そこでT先輩が「それさっきN(弟)がゆうたやいか」と叫んでガタガタ震えながら部屋を飛び出した。訳のわからないまま3人とも家を出てバイクに乗った。それでT先輩の家まで帰りつくとようやく落ちついてT先輩がいった。 
「前来た時もツレがお前らと同じハナシしたんじゃ」 


550 名前:ネコメン@ラスト 投稿日:2001/06/17(日) 23:42 
その後よくよく話を聞いてみるとあそこで「しのうかさん」の作り話をすると呪いがかかって、近いうちに「しのうか」という声を何らかの形で聞く、そこで「しのうしのう」と返答しないと死ぬ、という話だった。 
都市伝説の類のようだが結局T先輩もSも弟もそのあと異変はなかったようで今もピンピンしている。 
しかし作り話がかぶるというのだけが気味が悪い。気になるのはSが何故弟と同じ話をしたのかという点だけど、弟は何故かは聞いてないという。弟たちは気にならなかったそうだ(なんでだよ)。 

文章へたでスマソ。最後におまけ。試しに僕も「しのうかさん」で作り話してみました。カキコの大筋は実話ですが弟の先輩の名前はTではなくKです。さあなにか起こるかな♪ 

翻訳後

547 名前:ネコメン@ずっと投稿である:2001/06/17(日) 23:24
弟が中学生の時代におない年の S科一つ上の T先輩に導かれて間試しに行った.
バイク仲間の間に有名なスポットで, 「ズックウルカシ」と言う場所(?)らしい.イノ−チョチォックだと言います.そして, 真夜中 3人でそこに行けば, 衰退された民家があって柚鉄線が絡められられてキケンとかスヨドエン看板がある.
中に入って来れば電気も開通しなかったから懐中電燈をつけて居間みたいな畳みを敷いた部屋に堪えて座った.T先輩ばかり一度来た事があって弟と S銀何があるかも知れなかった.そして, T先輩曰くここで 「ズックウルカシ」と言う怪談を 「作る」と変な仕事が起こると言う.すなわち 「ズックウルカシ」自体に正体はないようだ.
まず弟が思い出し次第にこんな話を限り 「昔のこの家の息子と近くの家の娘(お嬢さん)が愛に陷ったが, 両方皆の家族から反対されて悩んでいた.ある日娘(お嬢さん)が深刻な顔をして 「うん, 死ぬか.一緒に死のう」と言った.男は女の情念が恐ろしくなって家を捨てて逃げた.女はこの家のこの部屋で首をぶら下げた」


549 名前:ネコメン@ずっと投稿である:2001/06/17(日) 23:29
これを (野)問えば, 今までぶるぶるとしている弟たちをおちゃらかすように(ように) リードしていた T先輩が真っ青になって震え始めた.
続いて Sこの話し始めた 「昔のこの家の息子と近くの家の娘(お嬢さん)が愛に陷ったが, 両方皆の家族から反対されて悩んでいた.ある日娘(お嬢さん)が深刻な顔をして 「うん, 死ぬか.一緒に死のう」と・・・」
そこで T先輩が 「それ先程 N(弟) 歌やイッオか」と叫んでがちゃんがちゃんと震えながら部屋を走って出た.(意味)理由が分からないまだ 3人とも家を出てバイクに乗った.そのため T先輩の家まで帰って付けば辛うじて安定して T先輩が言った.
「前来た時もトレが君たちのような一つの時したの」


550 名前:ネコメン@最後投稿である:2001/06/17(日) 23:42
その後きちんきちんと話を聞いて見ればあそこで 「ズックウルカシ」の作り出した話をすると呪いが出回って, 近くの時日内に 「死のうか」と言う音をどんな形態で (ドッ)問う, そこで 「胞子嚢胞子嚢」と答えなければ死ぬ, と言うことだった.
都市伝説の種類みたいだが結局 T先輩も S度弟もその後変事はなかったようで今もぴちぴちとしていている.
しかし作り出した話が書くということだけが気配が悪い.気になることは Sこのなぜ弟のような話をヘッヌンジと言う点だが, 弟はウェイルカは (ドッ)問わないと言う.弟たちは気にならなかったと言う( 何かで).

文章に湿布してスマソ.終わりにお負け.試しに私も 「ズックウルカシ」で作り出した話して見ました.芳名録の大略は実話ですが弟の先輩の名前は Tではなくて Kです.定木何やら起きようか♪



5: 名前:名無しさん@ガグレカス :2008/08/29(金)21:33:02. ID: b4IfpJlIm GP:0
ズックウルカシこええ



6: 名前:名無しさん@ガグレカス :2008/08/30(土)20:07:17. ID: WKbyJq3op GP:0
「怖い話」で翻訳すると面白いのかと思ってた



7: 名前:今日のご飯は【そうめん】 :2008/08/30(土)20:55:05. ID: vvQkARngS GP:0
サバイバルゲーム
俺はべつに霊感とかない人間なんだが、一度だけ恐かった思い出がある。 
5年前の夏、たしか7月の話。 当時、俺はいい年をしてサバイバルゲームにはまってた。 
知らない方のために解説すると、おもちゃの空気銃を撃ち合う陣取り合戦みたいなもんなのね。 
夏場は(昼間は暑いこともあり)もっぱら夜戦が専門で、その週末も、北関東T木県のK怒川の河原に十数人が集合して、夜戦に興じていた。 
時計を合わせた覚えがあるから、深夜1時少し前だったと思う。 
何回目かのゲームで、俺はフラッグ(相手の陣地のフラッグを取った方が勝ちになる)のディフェンスになり、フラッグの後方で藪に身を潜めて待ち伏せをかけてた。
今回俺のいたチームは優勢で、はるか彼方の敵陣地深くからエアガンの銃声が聞こえてくる。 

まわりに全く人の気配はなし。
はっきり言ってヒマなんだが、フィールドを回りこんで奇襲をかけてくる奴もいるから気は抜けない。 
河原ということで月明かり以外に照明もなく、あたりはマジで鼻をつままれてもわからないほど真っ暗。 
ゆっくりと首を巡らせて(キョロキョロすると頭の動きで居場所がばれるので)あたりを警戒していると、50mほど先の藪から人の上半身が出ているのに気がついた。 
白っぽい半袖の服を着て、肩ぐらいまでの髪の女性っぽい人影が俺の方を見ていた。 
エアガンはおもちゃだけどそれなりに威力があり、まともに顔や眼に当たれば大怪我をすることもある。 
だから、ゲーム中に部外者が入ってきた場合にはすぐにゲームをストップすることになってた。 
俺はすぐに大声で「人がいまーす!中止!中止でーす!!」と叫んだ。 
前線のあたりでも「中止ー」「中止だってよ」と叫び声がする。 
俺はその人にお詫びを言おうと思い、藪の方へ駆け出した。
女の人はじっとこっちを見てた。 
「すいません」と声をかけようとしたとき、人影はすーっと動いて、森の中に入ってしまった。 
やべ、恐がらせちゃったよ(なにしろこちらは迷彩服で顔を黒く塗っておまけに銃を持ってる)と思い、その人を追って森のほうへ向かったんだが、ライトをつけて探しても見当たらない。 そのうちに他のメンバーも集まってきた。

事情を話し、みんなで声をかけながら10分以上も探したんだが、どうしても見つからないんだよ。
森の中もくまなく捜したのに。 
俺は自分が見たものがだんだん恐くなってきてた。 
なんで夜中の12時過ぎに女がこんな所を歩いてるんだ。 
第一、俺がその人を見た場所にはフィールドを横切って来るしかない。
そんなの誰も気づかないわけがない。 
だがなんぼ探しても見つからないので、結局、俺の見間違いだということになり、ゲームは再開になった。 
俺はまたディフェンス。
今回は左右から進んでくる敵が優勢で、開始から10分後には銃声がかなり近くなっていた。 
俺は地面に伏せたまま銃をしっかり構え、いつでも撃てるように照準器ごしに人のいるあたりを睨んでた。 
そしたら、なんか視線を感じる。気のせいではすまないくらいに視線を感じる。 
首をゆっくり左に振って、眼だけで自分の左横を見る。 
真っ暗闇の中、3メートルくらい先の地面に、女の人の首が生えてた。さっきの人だとわかった。 色白の顔に、なんか普通じゃ考えられないぐらい口ががばーっと開いてて凄い笑い顔。 
声は聞こえないけど顔をひくひくさせて笑ってた。確かに笑ってた。
そんで俺をじっと見てた。 その首が潜望鏡みたいに地面の上をざ、ざ、ざーって動いて俺の正面に回ってゆっくり近づいてきたんだよ。 
俺はもうパニック状態だったんだが、なんか伏せたまま体が動かない。 
ああいう時って逆に悲鳴とか出ないもんなんだね。たぶん30秒ぐらい俺はその女と見つめあうというかにらみ合ってたと思う。 
女の顔が俺の顔から50cm位まで近づいてきたところで、俺はやっと体を起こせたが、足に力が入らない。腰が抜けて立てない。 
座り込んだままケツであとずさって、今でも馬鹿なことをしたと思うけど、その顔をエアガンで撃った。 
そしたら女の顔が凄い恐い顔になって上目遣いに俺を睨んで、すーっと消えた。 
その後はゲームどころじゃなく、俺は体調が悪いと言って休憩所のターフでライトとラジオをつけてじっとしてた。 
みんな楽しんでるのに水を差しちゃ悪いと思ったから、俺が見たもののことは誰にも言わなかった。 
翌朝解散になって、帰り道、車に乗せてくれた友人にだけそのことを話した。 
その友人は意外なことに「・・・お前も?」と聞いてきた。 
そいつの場合は、エアガンにつけたスコープを覗くたびに、視界いっぱいに女の顔が見えていたらしい。 
それからあのフィールドでのゲームにはどうしても参加できなかった。 
ああくそ、今思い出してもだめだ。 長文すまん。あんま恐くなかったらそれもすまん。



8: 名前:今日のご飯は【草】 :2008/08/30(土)20:55:20. ID: vvQkARngS GP:0
サバイバルゲーム
私は特別にお爺さんとかいない人間だが, 一番(回)だけ恐ろしかった思い出がある.
5年前の夏, 確かに 7月の話. 当時 , 私は年を取ってサバイバルゲームにはまった.
分からない方のために解説すれば, おもちゃの空気銃を交戦するタングタモックギ戦闘みたいなことであること.
夏物心は(低い暑い事もあって) ひたすら野戦が専門で, その週末も, Kitaカント Tモックヒョンの Kロチォンの川辺に数十人が集合して, 野戦に興味を感じていた.
時計を合わせた記憶があるから, 深夜1時先程だったと思う.
ミョッフェヌンかのゲームで, 私はフラッグ(相手の陣地のフラッグを取るのが勝利になる)のディフェンスになって, フラッグの後方で数に身を隠して待ち伏せをかけた.
今度出ていたチームは優勢で, 遥かなあのの方の敵陣誌ギブゴからエアガンの銃声が聞こえる.

周りにすっかり人の気配はなし.
確かに言って暇になって行って, フィールドを回って入れて不意打ちをかけて来るやつもいるつもりは抜けない.
川辺だと言うことで月明り以外に照明もなくて, 近くは本気に鼻をつままれても分からないほど暗黒.
ゆっくり首を取り囲むように日(二リボン二リボンすれば頭の動きである所がばれるので) 近くを警戒していれば, 50 m(位)位前の数から人の上半身が出ているのに悟った.
白い半袖の服を入庫, 肩位までの髪の毛の女性みたいな人の影が私の分を見ていた.
エアガンはおもちゃだがそれそれなりに威力があって, 完全に顔や目に当たれば大きい負傷をしたりする.
そうだから, ゲーム中に外部人が入って来た場合には直ちにゲームをストップするようになった.
私は直ちに大きい音で 「人が今-!中止!中止です!」と叫んだ.
電線の近くでも 「中止-」 「中止も」(これ)と大きい音で叫ぶ音が言う.
私はその人に謝りを言おうとやって, 数に不足し始めた.
女はじっとここを見た.
「ごめんなさい」と話そうと思った時, 人の影-わ動いて, スブアンに入って来てしまった.
, ゴングイドル処世のゼヌングヤ(とにかくこちらはミチェオッで顔を黒く塗ってそれに鉄砲を持っている)と思って, その人を追って森の方で向けたが, ライトをつけて捜しても目立たない. そうする中他のメンバーも集まって来た.

事情を話して, 皆話せばで 10のびた以上も捜したが, どうしても発見されない.
スブアンも漏れ無く捜したが.
私は自分が見たのがますます恐ろしくなった.
どうして真夜中のあまり蟹女がこんな所を歩いている.
第一, 私がその人を見た場所にはフィールドを横切って来る数しかない.
そんなこと誰も気づくことができなかったことがない.
しかし捜しても発見されないから, 結局, 私の誤認だと言うことになって, ゲームは再開になった.
私はまたディフェンス.
今度は左右から進行されて来る少なく優勢で, 開始から 10 分後には銃声がかなり近くなっていた.
私は地面に伏せたまま鉄砲を確かに作っていつでも攻撃するように(ように) 照準期五つ指に人がいる近くをイェウング出た.
といったところ, なんとなく視線を感じる.気のせいではすまない位に視線を感じる.
首をゆっくり左にはたいて, 目だけで自分のズァフェングを見る.
漆黒みたいな闇の中, 3メートル位の前の地面に, 女の首が出た.先程の人と分かった. 肌がフィムの顔に, なんとなく普通は思うことができない位で-わ開いていてすごい笑う顔.
声は聞こえないが顔をぴくぴくさせて笑った.確かに笑った.
入って私をじっと見た. その首が潜望鏡のように地面の上を席, 席, 寝ると動いて私の正面から回ってのびやかに近くなって来たの.
私は今(もう) パニック状態であって, なんとなく覆ったまま身が動かない.
あんな焚く反対に悲鳴とか出ないガールだ.多分 30チォゾングドナはその女とお互いに見つめると言おうか敵視してイッオッドンだと思う.
女の顔が私の顔から 50 cm位まで近くなって来たら, 私はやっと身を起こすことができたが, 足に手に余って行くのない.我を忘れて立てない.
納まったまま穴でアブウロアンダ消えて, 今もあほらしい事をしたと思うが, その顔をエアガンで攻撃した.
すると女の顔がすごい恐ろしい顔になって目をむいてみるに私をはいそして, -わ消えた.
その次はゲームどこではなくて, 私は体の調子が悪いと言って休息所のターフでライトとラジオをつけてじっといた.
皆楽しんでいるのに水を差せば悪いと思ったから, 私が見たが (日)のは誰にも言わなかった.
明くる日朝解散になって, 帰る途中, 車に乗せてくれた友達だけそれを話した.
その人は思いがけない一路 「・・・お前も?」と (野)問って来た.
そのやつの場合は, エアガンに付けたスコープをのぞき見る度に, 視野いっぱい女の顔が見えていたようだ.
そしてそのフィールドでのゲームにはどうしても参加することができなかった.
くそ, 今思い始めてもだめだ. 長文ごめん.按摩恐ろしくなかったらそれもごめん.



9: 名前:名無しさん@ガグレカス :2008/11/02(日)20:46:10. ID: a5TGvy2Ap GP:0
Gag alien

ギャグ異星人


Gag alien.

異星人を黙らせてください。





全部  前100  次100  最新50 

 
 
管理人セレクション

実録俺日記

漏れ復活wwww






要望4  | 使い方  | ランキング  | サイト設定  | サイト情報  | お問い合わせ  | GAGAZINE 

©2008-2018 Gaagle